たくさんある!クルマの部品を構成する仕組みと解説

花07車は小さい部品も入れると販売されている機械の中でも有数の点数をもつ工業製品です。車は大きく分けて駆動系、ボディ、エンジンまわりからなります。駆動系はタイヤとサスペンションから構成され、ボディは内装も含めて見た目が重要視されます。そしてエンジン周りは一番種類が多いです。エンジンまわりとしてはエンジンの出力にかなりの差があります。大きなエンジンでは6LV12エンジンなどの市販車もありますが、一般的には3L以下のエンジンが多いようです。エンジンには自然吸気と呼ばれる空気を吸い、ガソリンや軽油と混ぜて燃やすタイプと、吸気の際、ターボを使ってさらに圧縮した空気を送り込んで燃焼効率を上げるタイプがあります。ターボは出力を上げるために使われていますが、最近ではボディが中型車以上で、エンジンが小型車でターボ付きというダウンサイジング化が行われてきています。これはエンジンが小さいことで燃費を抑えられ、走行時の負担を減らすためにターボを使う考え方です。また、ターボ以外に走行中のブレーキ中に充電した電気でモーターを回してエンジンを助けるハイブリッド車も増えてきています。燃費を良くするために利用されていますが、一部ではエンジン出力アップを目指して利用されることも増えてきています