カーバッテリーのルール!交換バッテリーの基礎知識

バッテリーは乾電池と同じように、プラス極とマイナス極があり、プラス端子から電気が流れだし、各電装部品を通り、ボディーから金属部分を通り、マイナス端子へ戻っていきます。バッテリーを取り外す時は、マイナス端子から、プラス端子の順に外していきます。プラス端子から外すと、ショートや、電装品の故障、感電、火災を引き起こし危険なので、外す順番は注意しましょう。バッテリーはマイナス端子とプラス端子で、大きさが違いプラス端子の方がすこし大きく作られています。またバッテリーは低温に弱く寒冷地では、著しく性能が低下していきます。冬を前にして、セルモーターの周りが悪くなってきた、など感じたら、早めの交換をお勧めします。国産のバッテリーは、JIS規格の商品でバッテリーサイズや性能は6~7桁の数字とアルファベットで表記されています。バッテリーを交換する際にこの記号の意味を理解し、確認してから取り付けを行いましょう。使用済みのバッテリーはリサイクルされますので、販売店に渡しましょう。交換バッテリーの取り付けは、外した時の逆の手順で行います。バッテリーのプラス端子からマイナス端子の順番で取り付けていきます。バッテリーの寿命は、大体2~3年だと思ってください。